施設について

 

交通事故を減らす為に

 平成30年中の県内の交通事故状況は、人身事故件数及び死傷者数とも前年に比べ減少しましたが、死者数は87人で前年に比べ1人増加でした。
 一方、物損事故が減少したことで総事故件数も減少しました。
 平成30年中の全国の交通事故死者数は、3,532人で、このうち高齢者の死者数は、
1,966人(55.7%)で、全死者数に占める高齢者の割合が半数を超えています。
 また、県内でも死者87人のうち、高齢者の死者は57人(65.5%)で、高齢者が
15年連続4割以上を占めており、極めて憂慮すべき情勢が続いております。

交通死亡事故の抑止を図るためには、最近の交通情勢に即した交通安全教育の実施が必要不可欠と考えられます。
そこで、三重県交通安全研修センターでは、幼児・児童及び高齢者をはじめ、交通弱者といわれる歩行者や自転車利用者を対象にした「参加・体験・実践型」の交通安全教育活動を強力に推進しております。

屋内施設

indoor
セーフティプラザみえ 体験学習ゾーンでは12種類の施設を利用することができます。
自転車や歩行者、それぞれの視点での危険な場面を体験できる自転車シミュレータ・歩行環境シミュレータや実際に自転車に乗って走行できる自転車乗車体験コース、クイズ形式で交通ルールを学べる交通安全クイズなど様々な機器を備えています。
屋内施設:体験学習ゾーンのコーナーへ

屋外施設

outdoor
セーフティプラザみえ 屋外施設では自動車体験コースと自転車学習コース、2種類の施設を利用して実際に利用者様ご自身の経験として自動車や自転車の挙動を学習することができます。
屋外施設コーナーへ
 

研修センターに行ってみよう!

場所は簡単!ひとことで言うと、津の免許センターにあります。
免許センターのエレベーターを使って4階!

施設の利用

  • どなた様も無料でご利用頂けます。
  • 月曜日から金曜日:個人、団体が利用できます。(団体は予約が必要です。)
  • 日曜日:個人が利用できます。
  • 休館日:毎週土曜日、祝日、年末年始
  • 開館時間:午前9時30分~午後4時30分
  • 1団体の利用人数は16人まで、研修時間は2時間30分ですが、ニーズに応じて変更し受け入れます。